MENU

お急ぎの方へ

emergency

ご準備をいただく流れ

FLOW

STEP1大切な方が亡くなったとき…まずは当社にご連絡ください

スタッフが順にお伺いいたします。ご家族のご意向を伺い、今後の流れをご案内いたします。

STEP2指定の場所へお迎え

急な場合、ご自身でのお迎えが難しいことがございます。
私たちは24時間、車でお迎えに伺います。

STEP3ご安置

お体をご指定の場所までお連れします。
ご自宅、教会などの他、安置施設をご利用いただくことも可能です。

STEP4お打ち合わせ

ご葬儀の段取りについて、ご希望を伺いつつご案内します。
費用に関しても、その場で詳細なお見積もりをお渡ししております。

キリスト教葬儀のプロフェッショナルとして目指すこと

PROFESSIONAL

01

主なる神が
中心となる葬儀

キリスト教葬儀は、いのちを与え人生を支えてくださった神に感謝を捧げ、ご遺族への慰めが与えられることを願って執り行われます。つまり、故人への愛と敬意を表しその死を惜しみつつも、故人を中心とするのではなく、神に思いを向ける礼拝であるという意識が大切です。よって、主なる神が中心となる葬儀を目指します。

02

キリスト教理念で送る
クリスチャンの
ための葬儀

キリスト教葬儀の中心は主なる神に思いを向ける礼拝であります。つまり、故人をはじめ、司式を執り行う牧師先生、遺族もクリスチャンであれば、その葬儀を、つまり礼拝をお手伝いする葬儀社もクリスチャンであることが、キリスト教葬儀礼拝の本来の姿と言えます。礼拝である以上、ひとつひとつがクリスチャンの手で進められることがふさわしいと考えます。

03

残された遺族に対する
慰めとなる葬儀

仏教葬儀は、故人の供養並びに成仏を意識した形で進められますが、クリスチャンの考え方としては、亡くなられた方の魂はすでに神の御許にあります。故人の魂は主に委ね、遺された家族に思いを向け、今ある悲しみに寄り添い慰めを祈ることが大切であると考えます。

04

地上の生涯を終えた
亡骸を神に感謝し、
丁重に葬る葬儀

故人の亡骸は主によって与えられた賜物です。主によって与えられた身体を今日この日まで守り導かれたことを感謝し、塵は塵に。灰は灰に。主の御許にお返しする気持ちで丁重に葬る意識が重要であると考えます。

05

召された方の生涯から、
キリストの証を
立てる葬儀

故人が今日この日まで、クリスチャンとしてどのような生涯を歩んでこられたのか。主によって愛されたその人生を、残された私たちが今一度確認し、主なる神が故人の人生にどのように現れたのかを伝えていく。このことは葬儀の大切な役割であると考えます。

06

一人でも多くの人へ、
伝道となる葬儀

葬儀には、さまざまな方が来られます。それぞれがそれぞれの立場で人生を考え、また死という現実と向き合うのが葬儀の場です。そのような中で語られる聖書のみことばや故人の生涯は、それぞれの人生に大きな影響を与えるでしょう。一粒の麦地に落ちて死なずば...。葬儀を通し、多くの実を結ぶ現実に遭遇してきました。葬儀は力ある伝道の場であると信じます。

お一人お一人の思い出ストーリー

STORY

ライフワークス社ではたくさんのご葬儀をサポートしています。
お客様のリアルな声もご参考にどうぞ。

奈良県在住
中尾ケトラ香鶴子 様

教会での葬儀って
どんな感じだろう?
と思っている方へ

お線香もろうそくもお坊さんの読経もありません。(当たり前ですが)。でも十字架があり、たくさんの綺麗なお花に囲まれ、大好きな賛美歌を歌い牧師先生のお話を聞いて、和やかかつアットホームな雰囲気で葬儀は進みます。特に母親は12月、アドベントの時に亡くなりましたのでクリスマスの飾り付けをあえて外さず、クリスマスムード満載の中での葬儀でした。とても良い葬儀ができたと思います。一昨年は弟が召天しました。弟が病院の集中治療室で神様を信じてくれた事は大きな喜びでした。そして召天する事により父母をも教会に呼び寄せ、神様を信じる決心をしてくれました。
前回、今回と2回葬儀をお願いしたライフワークス社の皆様、確かな信仰に基づき心のこもった葬儀をしてくださり本当に感謝です。特に、弟が亡くなった時、火葬場で高齢の父親のためにそっと後ろから椅子を差し出してくださったスタッフさん、その何気ない配慮が本当に嬉しかったです。ライフワークス社の働きがますます広がりますように心より祈ります。コロナ禍の時代ですが、神様という希望の光を目指して共に歩んでいきましょう! 

大阪府在住
梅津 善一 様

母の葬儀式は
天国への凱旋式のようでした

私の母は真夜中、平安の内に自宅で天に召されました。その日の午前中に、ライフワークス社の方々が来て下さいました。そして、丁寧に母の体をきれいにして下さり、着替えをして下さいました。また、母をきれいにメーキャップして下さいました。母の穏やかできれいな顔を見て、今は天国でイエス様を礼拝し賛美を捧げていること、先に天国に行った父とも再会していることを思い、感謝に溢れました。
ライフワークス社の担当者の方が、葬儀式の事や斎場でのこと、お返しのこと等を分かりやすく丁寧に説明して下さり安心しました。また、関係する役所への諸手続きについても説明して下さいました。市役所への死亡届もライフワークス社から提出して下さるということで、感謝しました。
コロナウイルスの外出自粛要請が発令されていた為に、葬儀式は家族葬でした。しかし、ライフワークス社の方々の助けをいただき、母の葬儀式は天国への凱旋式のようでした。母の棺を囲むお花は、天国を思わせるようなとても素晴らしいものでした。教会のホームページで見た方々からも素晴らしいお花でしたという声を頂きました。
母の葬儀のことでは、ライフワークス社の方々に本当にお世話になりました。ありがとうございました。とても感謝しています。
【しかし、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、私たちは待ち望んでいます。】(ピリピ人への手紙3章20節)

兵庫県在住
広田 信也 様

キリスト教専門葬儀社という、
ライフワークス社の存在は大変有難いものでした。

昨年の秋、母が突然体調を壊し、わずか2か月程で天に召されて逝きました。高齢のため覚悟していたつもりでしたが、目前に迫った死を受け入れられない母に寄り添い、自宅で共に過ごした最後の約1か月は、これまで経験したことのない心の痛みを覚える時間でした。
そのような時、葬儀の準備に心を割くこと自体、大変気持ちの折れることでしたが、幸い、未信者の家族がキリスト教葬儀に理解を示してくれました。キリスト教専門葬儀社として、いつもお世話になっているライフワークス社の存在は大変有難いものでした。母が召された直後から対応してくださったライフワークス社のスタッフは、短い時間の中で葬儀に関わる全てに最善の備えをしてくださいました。そして、間もなく行われた告別式、火葬前式、食事、収骨と、短い時間の中でそれぞれの場へ共に移動し、遺族や参列者に配慮し、質の高い的確な対応をしてくださったことは、喪主である私にとって、大変ありがたいことでした。
今後、キリスト教葬儀は徐々に日本の中で受け入れられ、拡大していくと思います。ライフワークス社のスタッフにとっても、大きなチャレンジが続くことになります。
今後も、他の葬儀社を凌駕する品質の高い葬儀を提供し、多くの日本人が葬儀を通して、天地を造られた神様を知る時代を牽引していただきたいと願っています。

日本同盟基督教団
箕面めぐみ聖書教会
山下 亘 牧師

「神の栄光を現す葬儀がしたい」
迷わずライフワークス社を薦める自分がいた

私がライフワークス社を知ったのは、代表の野田和裕氏との出会いがきっかけでした。私は今から15年前に新任の牧師として大阪に派遣され、何もかも初めての経験の中で、翌年には教会員の召天があり、初めての葬儀をとり行うことになりました。遺族の方と話し合いながら、「神の栄光を現す葬儀がしたい」という思いを聞いて、私はすぐに、「葬儀から宣教」の精神に立つ、ライフワークス社を勧めました。教会や牧師に対する細やかな気配りにとても助けられ、平安のうちに葬儀をとり行えたことを思い出します。
以来、教会で、数人の兄姉が天に召されましたが、いつも安心してライフワークス社にお願いしています。社員の方々の対応にも、信仰者としての姿勢が見られ、とても満足しています。遺族の方々も「慰めに満ちた葬儀でした」「天国への希望が与えられました」と仰る方が多いです。また、良き証しの機会となり、葬儀後、ご遺族が教会に通い、洗礼に導かれた方もいます。
これから超高齢化社会に進む中で、日本の教会でキリスト教式の葬儀がふさわしく行われるのは、信仰継承をはじめ、社会的な影響を考えても大変意義のあることです。これからもライフワークス社のお力をいただきながら、私たち教会もますます主のご栄光のために仕えていきたいと思わされています。

ご葬儀のよくある質問

FAQ

Q.病院からの搬送はどうすればいいのですか?
弊社では24時間体制で対応しております。ご連絡後、1時間前後で病院へ到着いたします。大きい病院であれば、葬儀社を紹介してくださる場合がございますが、搬送だけの依頼ですと割高な費用を請求されるケースがあるようです。もしもの時を想定し事前に、牧師先生や葬儀社へご相談されることもお薦めいたします。いざという時に慌てずに対応できるでしょう。
Q.遺品整理について教えてください
お亡くなりになった後、その方のご自宅やお部屋等の遺品整理で何かと対応しなければならない場合がございます(*故人の自宅整理・仏壇等の整理)。ご遺族が遠方に住んでおられたり、様々な事情で、遺品整理をしたくとも対応できない場合がございます。そう言った場合に、遺品等の整理を専門に対応してくださる会社がございます。弊社でも遺品整理専門会社と提携しており、的確に遺品処理等の対応をすることが可能です。
Q.散骨について教えてください?
近年、散骨に対する意識も一般的に認められるようになり、散骨専門の会社も増えてきております。教会においては、共同納骨堂がある場合が多いので、牧師先生とご相談後、ご遺族のご判断で決められることをお薦めいたします。近海等の散骨であれば専門業者に依頼しても、10万円前後で対応してくださいます。弊社でも散骨のご案内をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Q.互助会に加入しているのですが?
弊社は、互助会団体に加盟していないので、互助会のご利用は対応できません。しかし、互助会は、解約することが可能です。但し、解約金が必要となります。互助会を解約され弊社で葬儀を依頼される場合は、解約金の一部を弊社の葬儀費用から割引かせていただきます。また、互助会を利用せず、葬儀を終了した後に、互助会を解約することも可能です。弊社では解約等のご相談にも対応しております。
Q.キリスト教葬儀の考え方について?
キリスト教葬儀とひとことで言っても、各教団教派で考え方、捉え方に違いがございます。基本的な面から見れば、聖書の死に対する考え方は、死は全ての終わりではなく、神の御許に召される(帰る)ということです。従って、クリスチャンにとって、死は悲しみだけではなく、それを超越したものであると言えるでしょう。
Q.葬儀費用について?
日本消費者協会の調査によりますと、日本全国葬儀総額費用平均は、184万円となっております。この価格が一般的です。また、家族葬的な葬儀も増えており、全体的にはお金をかけない葬儀も多くなってきているようです。当ホームページでも弊社の料金体系を実際の例を挙げ詳しく掲載していますので参考になさってください。
Q.キリスト教葬儀にも、生前予約はありますか?
ご自分やご家族の葬儀のあり方について、生前に見積りや予約など相談される方が近年多くなってきました。本来であるならば、クリスチャンの方が死や葬儀について生前にしっかりと捉え、証につながる葬儀を考えておく必要があると考えます。人の死というものは、突然でありますから、いざというときに備え、しっかりとクリスチャンとしての地上での最後の締めくくりとなる葬儀を考えておくのも大切な事と存じます。弊社でも生前予約を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Q.もっと詳しくキリスト教葬儀についてお伺いしたいのですが?
弊社では、生前相談、事前相談等も対応しております。また、教会単位でキリスト教葬儀セミナーを開催しております。葬儀に関する様々な疑問、問題、相談に対して具体的にわかりやすくお答えいたします。各教会の婦人会、祈祷会、聖書研究会、礼拝の午後の研修会等にお招きいただければ幸いです。
  • 危篤・ご搬送などお急ぎの方はこちら
  • オリジナルエンディングノート無料プレゼント